プロミスの審査に通りやすい職業ってあるんですか?
サラリーマンでもプロミスの審査に通ることってできますか?

結論から言えば、プロミスなら職業不問で審査に通ることができます。

あくまでプロミスの審査基準は「年齢が満20歳以上69歳以下の安定収入がある人」なので、年齢と収入条件を満たせばプロミスの審査に問題はありません。

とは言え、どういった職業や雇用区分に属する人が審査に通りやすいのかは、やっぱり気になるところではありますよね。

そこで今回はあなたがプロミスの審査に通過するために、各職業や雇用区分別に今すぐできる審査のアドバイスをまとめました。

もしあなたが少しでもプロミスの審査に通りたいと思うのなら、今すぐこれを読んですぐに実践して下さいね!

 

雇用区分別プロミスの審査ポイント!

正社員や公務員は問題なし!

point 1
サラリーマンなら
無問題!

もしあなたが会社や企業に勤める正社員・公務員なのであれば、プロミスの審査で心配するべき点は特にありません。自信をもって今すぐ審査を申し込みましょう!

あえて注意点を上げるなら、プロミスの審査では他社の返済実績も考慮しているので、クレジットカードや携帯電話の支払いなどで支払遅れを何度も起こしていると審査に通りづらい時があるので注意して下さい。

とは言え、企業に勤めるサラリーマンであれば、たとえ社畜と呼ばれようともプロミスなら温かく向かい入れてくれます。

プロミスなら勤務先への電話確認についても事前に相談することができるので、会社の同僚や上司に気付かれずに安心して借りることができますよ!

 

契約社員は派遣社員は勤務年数がポイント!

point 2
契約や派遣は
勤務年数が重要

契約社員や派遣社員の場合、正社員と違って終身雇用ではないのが注意点となります。

つまり、勤務年数が短すぎるとプロミスの審査が不利になる可能性があるので、勤務年数が1年以上あることが審査の安心ラインと言えます。

勤務先で申告する会社名は、派遣先ではなく派遣元を申告するのがルールです。あくまで給与支払者となる会社名を申告する様にしましょう。

 

パートやアルバイトは限度額を控えめに!

point 3
パートやバイトは
限度額を控えめに

プロミスの審査では安定収入が十分にあると判断されれば、パートやアルバイト収入がメインの主婦や学生・フリーターも審査に通ることができます。

ただし、プロミスは総量規制のカードローンとなっているため、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

なので、パートやアルバイト収入がメインの時は、どれだけ高くても年収の3分の1以下の限度額を希望することが大切です。

特に初回審査では限度額を20万円以下の控えめな金額にして審査を申し込むと、あなたもプロミスの審査通過率をアップさせることができますよ。

 

個人事業主は収入証明書を必ず提出!

point 4
個人事業主は
収入証明書が命

個人事業主でも審査に通過できるのがプロミスの魅力の一つと言えます。

個人事業主の場合、収入確認のために在籍確認の電話を掛けることができないので、事業内容を疎明できる資料や確定申告書などの収入証明の書類提出が必要となります。

あなたが確定申告をきちんと済ませているのなら、年収に見合った限度額をプロミスで借りることができるので、詳しくは審査を申し込んだ後の本人確認の電話で必要書類について確認してみましょう。

 

日雇い労働者や風俗関係者は審査が厳しい

point 5
日払い給与者は
審査が難しい

プロミスの審査の中で、唯一厳しい職業となるのが「日雇い労働者」や「風俗関係者」からの審査です。

これは職業差別をしている意味ではなく、これらの職業の多くは、何か公的な書類(源泉徴収票や収入証明書など)で、具体的な年収を証明できる手だてがないためです。

特にキャバクラやホスト、風俗などで生計を立てる方の多くは、お給料を日払いで手渡され、給与明細などが発行されるケースがまずないので、書類審査が中心となる金融関連の審査には不利になりやすい側面があります。

この場合、夜の仕事とは別に昼職について社会的信用を高めるなどの対策が必要となります。

 

プロミスの審査が不安なときは限度額を20万円以下にするのがおすすめ

年収に不安があるんですがプロミスの審査に通りますか?
そんな時は限度額を20万円以下にして申し込む方法がおすすめです。

もしあなたが今の年収に不安はあるけれど、プロミスの審査に今すぐ通りたいと思うのなら、限度額を20万円以下にして審査を申し込む方法がおすすめです。

限度額を20万円以下にするメリット
  1. 審査通過率が上がる
  2. 審査時間が短くなる
  3. 年収不安のある人におすすめ

プロミスは担保なし保証人なしで借りれるカードローンのため、短い審査時間の間に色々なチェック項目を確認していく必要があります。

そんな時「即日で100万貸してくれ!」という人と「5万円だけ貸して欲しい」という人なら、どちらの方が返済計画を持っていそうな印象をあなたは持ちますか?

プロミスもあなたと同じ考えをやはり持っているので、即日キャッシングで50万円以上の融資を実行することはまずありません。(マネーロンダリング対策のためとも言われています)

もっと言えば、プロミスは総量規制のカードローンなので年収の3分の1以上のお金はキャッシングできないので、限度額を控えめにするほどプロミスの審査に通過する可能性が高くなるのは、あながち間違った話ではないのです。

そのため、もしあなたが本当にお金に困っているのなら、まずは今すぐ必要な金額だけを即日キャッシングで借りておき、審査に通過してから増額審査を申し込む方法がおすすめです。

プロミスなら審査に通過した翌日から増額審査を申し込めるので、年収不安がある場合はぜひ試してみて下さいね!

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

プロミスなら仕事帰りにそのままキャッシングできます

今回は職業や雇用区分によってプロミスの審査に影響があるのかという事を中心に解説をしてきました。

結論としては、あなたが正社員や公務員など、リストラされるリスクが低い安定した職業に就いているほどに、プロミスの審査通過率が高くなっていくと考えて下さい。

もしあなたが会社や企業に勤めるサラリーマンやOLであれば、プロミスの審査に通る見込みは十分あるので、今すぐ審査を申し込みましょう!

プロミスなら審査時間も最短30分ととても短く、入力項目も少ないので、スマホから簡単に審査を申し込めるので、今すぐササッと入力しておけば、仕事が終わった後にそのままキャッシングすることができます。

自動契約機や振込融資・アプリローンなど多彩な方法でキャッシングできるので、あなたもプロミスを利用すれば、誰にもバレずに安心してカードローンを手に入れることができます。

今すぐプロミスに審査を申し込んで、もうじき始まる飲み会や友人の冠婚葬祭に必要な費用を工面して下さいね!

※30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日融資は申込みの時間帯によっては、ご希望に添えられない場合があります。
※店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。