プロミスの審査って勤務先の情報はどれだけ影響するの?
やっぱり正社員や公務員だと審査は有利なの?

プロミスの審査基準で意外と重要なのが「勤務先の情報」です。

プロミスは保証人なし・担保なしでキャッシングできるカードローンだからこそ、会社の倒産やリストラのリスクが低い企業に勤める人を審査で優遇する傾向にあります。

そのため、正社員や公務員はプロミスの審査評価はとても高く、次に契約社員や派遣社員、最後にパートやアルバイトという評価順位になります。

また、就職先の企業についても審査の影響は多少は考慮されていて、「一部上場企業>従業員300人以上の大企業>中小企業>零細企業>自営業・個人事業主」という順位付けで審査評価が行われています。

とは言え、あくまでこれらは審査評価の一部に過ぎず、最終的には色んな審査基準を総合的に判断した上で融資額が決定されるので、過度に心配する必要はありません。

また、今から解説する「各雇用区分別の審査対策」をしっかりとマスターすれば、あなたが正社員であってもなくても、プロミスの審査に通過できる可能性を大幅にアップさせることができます。

まずはプロミスのお試し診断を利用して、あなたが今すぐプロミスの審査に通過できるのかさっそく調べてみましょう!

きっとプロミスならあなたとにとって心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

 

勤務先での雇用区分でプロミスの審査難易度は変わります!

プロミスの審査は正社員や公務員が有利!

まずプロミスの審査で圧倒的に有利なのは、間違いなく正社員もしくは公務員の方です。

勤務先の情報や雇用区分がカードローン審査で重要視されるのは、「どれだけリストラのリスクがあるのか?」という基準があるためで、なかなか首を切られにくい正社員や公務員はそれだけでステータスに繋がると言えます。

あとは、他社カードの利用実績や借り過ぎ状態などに注意して、慎重に審査を申し込めば、プロミスの審査通過も目の前と言えます。

 

契約社員や派遣社員は勤務年数が大事!

もしあなたが契約社員や派遣社員の場合は、勤続年数が長ければ長いほど、プロミスの審査が有利になってくると考えて下さい。

プロミス側の事情として、急な契約切りや派遣切りのリスクがある以上、勤務年数が半年未満の短すぎる人に対しては、融資額を少なく見積もりケースも珍しくありません。

だからこそ、勤務年数は1年でも長く働き、他社での支払実績もしっかりとしておくことが、プロミスの審査通過の大切な対策と言えます。

 

パートやアルバイトは限度額を控えめに!

パートやアルバイト収入がメインの場合は、先に話した勤続年数の長さやカード類の支払実績だけでなく、限度額を高望みしないことが大切です。

たまに、限度額を最大500万円まで申込めるからと言って、500万円や300万円の即日融資を希望する人がいますが、それでは間違いなくプロミスの審査に落ちてしまいます。

大切なことは、あなたの年収に見合った金額である「年収の3分の1以下」の金額を希望の限度額に設定して審査を申し込むこと。

プロミスなら年収が100万円前後ある人に対しては、他社での借入がない限り、審査に通過できる見込みがあるので、ぜひ審査を申し込んでみましょう。

 

専業主婦や年金生活者はプロミスの審査は厳しい

プロミスは真面目に審査を行う消費者金融のため、専業主婦や年金生活者の方への審査は受け付けないケースがあります。

特に専業主婦の方は毎月の安定収入が自身にないことを理由に、審査対象から外されてる点に注意して下さい。(この場合は、パートなどを始めるのがおすすめです。)

また、年金生活者の方は年齢が69歳以下であれば審査を申し込めますが、70歳を超えると契約を継続できなくなるので、年齢が69歳に近づくほど審査が厳しくなる傾向にあります。

専業主婦や年金生活者の方の場合は、カードローンでキャッシングする以外の方法で、何かお金を生み出す方法を考えた方が安全だと言えます。

 

プロミスの審査が不安な時は限度額を控えめにするのがおすすめ!

今回の雇用区分別の審査で何か不安を感じた時には、一度初回の審査では限度額を20万円以下の少額にして申し込む方法をおすすめします。

繰り返しになりますが、プロミスは保証人なし・担保なしで融資をしてくれるカードローンのため、契約者が確実に返済できる金額しか融資を行いません。

特に初回審査はとても慎重で、即日融資で100万円や200万円と言った高額融資の判断はまず難しいです。

そのため、あなたが初めてプロミスを利用するのであれば、まずは今すぐ必要な金額である10万円~20万円位を希望の限度額として審査を申し込み、審査に通過してから増額審査を申し込む方法を試してみましょう。

この方法なら、まずは今すぐ必要な金額だけを確実にプロミスでキャッシングする事ができ、あとから本当に必要な金額をじっくりと時間を掛けて審査を申し込めるので、慌てる必要がありません。

特に年収不足が不安な人ほどこの方法がおすすめなので、あなたもぜひ試して下さいね!

 

プロミスなら雇用区分の不利も総合的な判断で逆転できる!

今回はプロミスに審査を申込んだ場合の雇用区分別の審査対策について解説をしました。

プロミスなどの金融審査では、やはり正社員や公務員はとても強く、契約社員や派遣社員など非正規社員に近づくほど、審査では不利になりやすい傾向にあるのは事実です。

ですが、そんな時は勤続年数の長さや限度額を低めに調整するなど、総合的な審査判断で不利な状況を覆していく方法がおすすめです。

プロミスなら審査で不安なことや困ったことがあっても、気軽に相談できるのでとても安心感が強いです。

それに今回紹介した審査対策を実践すれば、あなたもプロミスの審査に通過できる可能性がとても高くなるので、諦めず自信を持って審査を申し込んでみて下さい。

きっとプロミスならあなたのピンチを助けてくれる救世主になってくれること間違いありません。

ぜひ今すぐ審査を申し込んで、今の状況を脱出して下さいね!

※30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※即日融資は申込みの時間帯によっては、ご希望に添えられない場合があります。
※店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。