プロミスの増額審査に通るためには大きく3つの条件が必要です!

プロミスの増額審査を申し込むときは主に次の3つの条件をクリアしておくことが大切です。

プロミスの増額審査を申し込むときのポイント!

年収の3分の1を上限にする
返済の利用実績を積み上げておく
他社の返済履歴をキレイにしておく

プロミスで増額を考えるとき、基本的な審査基準は初回審査のときと大きな違いはありません。

ただ、初回審査は限度額を厳しめに設定されがちなので、増額審査をすることで枠が広がる人が多いのは確かです。

特に1回目の増額審査は比較的多くの人が審査に通過しているので、もし今よりも少しだけ枠を広げたい場合には、プロミスで増額審査を申し込まれてみて下さいね。

 

他社で新規審査を申し込むよりプロミスの増額審査がおすすめです!

プロミスで増額審査を考えるときに、よくある質問としてあるのが「『他社カードローンの新規審査』と『プロミスの増額審査』どちらの方が良いのか?」という質問です。

結論から言えば、他社カードローンで新たに審査を申し込むよりも、プロミスで増額審査を申し込んだ方が有利な点が多いと言えます。

参考記事
>>他社カードローンとプロミスの増額審査どちらがお得か?

基本的にカードローンは(銀行系を含め)年収の3分の1以上のお金を借りることが難しいです。

そのため、新規で他社カードローンから借りるより、プロミスで増額審査を申し込んだ方が、毎月の返済の負担も軽くなりやすいです。

また仮に増額審査に落ちたとしても、いつでも再審査を申し込めるので安心感も大きいです。

なので、もしあなたが他社カードの新規審査かプロミスの増額審査かで悩んでいるなら、ぜひプロミスの増額審査を検討されてみて下さいね!

 

プロミスの増額審査に通るための3つの条件とは?

1.年収の3分の1を上限にする

プロミスは総量規制のカードローンなので、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

そのため、あなたの現在の限度額が年収の3分の1を超えていないかをまずは確認してください。

また、あなたが契約しているクレジットカードのリボ残高や携帯電話の分割代金なども借金として計算される点に注意。

借り換えやおまとめ目的など、一部の例外はありますが、基本的にはあなたの年収の3分の1までが上限になる点を忘れないで下さい。

増額審査のポイント!

  • 年収の3分の1が上限になる
  • リボ残高や携帯代金に注意
  • 借り換えやおまとめ目的の場合は例外

 

2.返済の利用実績を積み上げておく

次のポイントとしてあるのが「プロミスの返済や利用実績を積み重ねておく」ことです。

プロミスの利用規約上では、審査に通過した翌日から増額審査を申し込めるルールになっています。

ただ、増額審査を申し込むときは最低でも1回以上の返済を行ってから審査を申し込むのがおすすめです。

またまとまった金額をキャッシングしようとするのであれば、合わせて収入証明書を用意しておくと、審査も有利になりやすいです。

増額審査のポイント!

  • 増額審査は翌日から申し込める
  • 最低でも返済を1回以上してから
  • 収入証明書を用意しておくと審査も有利に

 

3.他社の返済履歴をキレイにしておく

最後のポイントとしてあるのが「他社の返済履歴をキレイにしておく」という点です。

増額審査の場合も、新規審査のときと同様、他社の返済履歴をキレイにしておくことがとても重要です。

特に他社カードローンの返済で支払い遅れや滞納がある状態だと、プロミスの増額審査には通らないので注意が必要です。

また、意外と忘れがちなのが携帯電話の分割代金です。

携帯の本体代金の分割金は借金として計算されているので、自分名義で契約した携帯で支払忘れがないかを事前に確認しておくと、増額審査のときも安心です。

増額審査のポイント!

  • 他社の返済履歴をキレイにしておく
  • 滞納や延滞があると審査に通らない
  • 携帯電話の分割金も借金!

 

プロミスの増額審査では在籍確認は発生しません

今回はプロミスの増額審査を申し込むときのポイントについて解説をしていますが、増額審査のときは在籍確認の電話は基本的に発生しません。

ただし、何らかの事情で「勤務先が変わった場合」は、在籍確認の電話が発生する可能性が高いので注意が必要です。

特に転職や就職などで、勤務先が変わるとかなりの確率で在籍確認の電話を掛けられると思って下さい。

また、社内の部署移動などの場合は、あまり在籍確認の電話を掛けられることはありませんが、転勤などで勤務先住所が大きく変わる場合には注意が必要です。

もしあなたが転勤や転職が決まっているのであれば、勤務先住所が変わる前に、事前にプロミスで増額審査を済ませておきましょう。

プロミスなら審査で不安なことや分からないことがあれば、いつでも気軽に相談できるので、ぜひプロミスコールに電話を掛けて相談してみて下さいね。

このカテゴリーの記事一覧