プロミスの在籍確認は本審査のタイミングで行われます!

プロミスの在籍確認は基本的に本審査に進んだタイミングで行われていると言われています。

ただ職場や勤務先への電話確認ってできることなら、やっぱり避けたいと思うものですよね?

そこで今回はプロミスの在籍確認を避けることができる方法について紹介したいと思います。

在籍確認の電話を回避するためには?

収入証明書を用意しておく
審査を申し込んだら電話する
担当オペレーターに相談する

必ずしも成功する訳ではありませんが、あなたの事情や審査内容によっては、プロミス側で在籍確認の電話をなしにしてくれる可能性があります。

また本審査(本人確認のあと)で在籍確認が行われていると言われていますが、審査の状況によってはそれ以外のタイミングで電話を掛けられることもあるので注意が必要です。

今回はプロミスの在籍確認が発生するタイミングや、職場への電話確認をなしにする方法について解説するので、在籍確認が不安なあなたはぜひチェックして下さいね!

 

プロミスの在籍確認はタイミング次第で省略が可能になります!

「在籍確認の電話が不安だ…」
「アルバイトだから電話確認はなしにして欲しい…」

たしかに在籍確認の電話って、電話がかかって来ない仕事に就いている人ほど嫌だと思いますよね。

これを読んでいるあなたも、出来ることなら在籍確認の電話は無しにして欲しいと思っているんじゃあありませんか?

実はプロミスなら、審査を申し込んだタイミング次第では、在籍確認の電話を書類確認に切り替えてくれることがあるんです。

もちろん今からお話することは絶対に成功する方法という訳ではないのですが、結構な確率で成功すると評判です。

だからこそ、もしあなたがプロミスの審査に不安を感じているのであれば、ぜひ試してみて下さいね!

 

プロミスの在籍確認の電話を回避するためには?

1.収入証明書を用意しておく

まずプロミスで在籍確認を書類確認に切り替えたい場合は、事前に収入証明書を準備しておくと、審査もスムーズになりやすいです。

プロミスで有効な収入証明書一覧

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

これらの書類のうち、どれか1点でもあれば書類確認に切り替えてくれる可能性があります。(給与明細は直近の3か月以内のものが必要です)

また源泉徴収票は勤務先の会社の経理の人に頼めば再発行をしてもらえるので、ぜひ確認してみて下さい。

 

2.審査を申し込んだら電話する

プロミスの在籍確認の電話を回避する最も有効なタイミングは「WEB審査を申し込んだ直後にあなたから電話する」ことです。

プロミスの場合、審査状況や申込方法によって、勤務先に電話を掛けてくるタイミングが微妙に異なるので、審査を申し込んだ直後にあなたから電話を掛ける方法が一番確実。

プロミスなら男性オペレーターもとても丁寧な対応をしてくれるので安心なので、気軽に電話を掛けてみて下さい。

プロミスコール
0120-24-0365
新規申込 9:00-22:00
各種お問い合わせ 9:00-18:00
カード紛失・盗難 0:00-24:00

 

3.担当オペレーターに相談する

プロミスコールに電話が繋がったら「先ほど審査を申し込んだものですが、職場への電話確認を書類確認にできませんか?」相談を持ちかけるだけでOK!

後はあなたの審査の申し込み内容や提出書類の内容によって、勤務先へ電話確認を書類確認に切り替わるかを検討してくれます。

ただし、必ずしも成功する方法ではないので、書類確認を断られたときは諦めることも大切です。

 

プロミスの在籍確認を回避するタイミングは審査を申し込んだ直後!

今回はプロミスの在籍確認のタイミングや、勤務先への電話確認を回避する方法を解説しました。

基本的にプロミスで在籍確認が発生するタイミングは本人確認の電話が済んだあとになっていますが、WEB完結申込を選択するとそのまま審査が進んでしまうことがあります。

そのため、在籍確認を電話ではなく書類に切り替えてもらう、最も理想的なタイミングは審査を申し込んだ直後になります。

特にあなたがプロミスのWEB完結申込で審査を申し込んだときには、審査が進み切ってしまう前に、あなたの方からプロミスに電話を掛けて相談して下さい。

プロミスなら担当オペレーターの対応がとても良いと評判になっているので、あなたも安心して審査を申し込むことができると思います。

勤務先への電話確認を回避するためにも、勇気をだしてプロミスに電話を掛けてみて下さいね!

このカテゴリーの記事一覧