プロミスでキャッシングするなら金利の確認が大切です!

実は大手消費者金融の中で比較すると、プロミスは初めて借りる人にとっては少しだけ金利が安いカードローンになっているんです。

 下限金利上限金利
プロミス4.5%17.8%
モビット3.0%18.0%
アコム3.0%18.0%

実は下限金利である3.0%をモビットやアコムで適用しようとすると、限度額を800万円くらいまで引き出せないと適用できません。

これは年収が2000万円以上の人を対象にした話になるので、実際問題として私たちがこれらの下限金利の適用を受けるのはまず不可能に近いです。

たまに2chやyahoo知恵袋などで「プロミスの金利は高い」と言った口コミを見かけますが、それは大きな間違い。

実は、プロミスなら上限金利が17.8%と他の消費者金融と比べても少しだけ金利が安くてお得なんです。

 

プロミスの金利を一覧にまとめてみました!

では、プロミスはどういった仕組みで金利が適用されているのか?

残念ながらプロミスの公式サイトでは、金利の適用一覧は公表されていません。

そのため、金利で比較するのではなく、毎月返済する利息を一覧にしてまとめると分かりやすいかと思います。

プロミスの返済利息と返済額の計算方法

借入直後の残高最少返済額
30万円以下借入後残高×3.61%(1,000円未満は切上げ)
30万円超100万円以下借入後残高×2.53%(1,000円未満は切上げ)
100万円超借入後残高×1.99%(1,000円未満は切上げ)

これはプロミスの公式サイトからの数字をそのまま借りたものですが、これでは少し分かりにくいので、年率17.8%で借りたときの総返済額を一覧表にしてまとめました!

限度額返済回数返済金額総返済額
10万円32回4,000円125,864円
20万円32回8,000円251,743円
30万円36回11,000円387,289円
40万円53回11,000円579,111円
50万円58回13,000円746,160円

 

プロミスでおまとめローンをする時の金利は?

ちなみに、プロミスでも貸金業法に基づくローンの一本化(おまとめローン)は可能です。

プロミスのおまとめローンの金利は年率6.3%~17.8%となっていて、融資額300万円までおまとめすることが可能です。

プロミスのおまとめローンの概要

融資額最大300万円まで
金利年率6.3%~17.8%
返済方式元利低額返済方式
返済日5日,15日,25日,月末のどれか
担保・保証人なし

プロミスでおまとめローンを組めば、担保なし・保証人なしで1本化できるのでとても安心。

貸金業法に基づくおまとめローンなら、例え総量規制のプロミスでも審査に通ることができるので、ぜひ一度検討されてみて下さいね。

 

プロミスでも金利の引き下げ交渉は可能です!

今回はプロミスの金利についての大まかな情報を解説しました。

プロミスの総支払額」を見れば分かるかと思いますが、毎月最低返済額で支払い続けると、どうしても総支払額は高くなりがちです。

プロミスの金利に違法性はありませんが、こうした総支払額をみて「金利が高い」と思ってしまう人が多いのかもしれません。

ただ、さっきも伝えた通り、プロミスの金利はモビットやアコムと比べても金利が安いカードローンであることは間違いありません。

総支払額を抑えるためには、繰り上げ返済を積極的に行うことがとても有効です。

またプロミスなら最大30日間の利息が無料になるので、その点を比較してもモビットやアコムよりもお得です。

他にもプロミスなら金利の引き下げ交渉も随時受け付けているので、ぜひ一度相談されてみて下さい。

プロミスならレディースキャッシングもあり、女性も安心して利用できるカードローンとしてとても有名です。

なので、あなたもぜひプロミスに色々と相談してみて下さいね。