プロミスの審査の流れでは一次審査・二次審査に分かれます

以前「プロミスの審査が完了するまでの流れ!キャッシング完了までの流れを解説!」という記事で、プロミスの基本的な審査の流れについて解説を行いました。

その中で「プロミスの一次審査と二次審査の違いって何かあるんですか?」という質問を頂きました。

そこで今回はこのプロミスの一次審査と二次審査の違いについて解説して行きたいと思います。

 

プロミスの一次審査と二次審査の違いとは何なのか?

これはプロミスに限った話ではありませんが、基本的にカードローンを申し込むと、一次審査と二次審査の2つの審査が行われています。

そしてこの2つの審査の両方をパスしないと、カードローンの発行、つまりキャッシング手続きが完了しません。

ちなみに、一次審査と二次審査の違いですが、簡単に言えば以下の通りになります。

一次審査と二次審査の違い一次審査…主に書類による審査。申し込み内容に嘘や不備が無いかを確認し、問題が無ければ二次審査に進む。

二次審査…別名「本審査」とも呼ばれ、勤務先の確認や具体的なキャッシング金額が決められる。

プロミスの一次審査(仮審査)で行われる主な内容は書類確認!

まずプロミスの公式サイトから審査を申し込むと、あなたが入力した内容をもとにプロミス側で一次審査(仮審査)が行われます。

この一次審査では主に申告内容に嘘が無いかを確認したり、本人確認書類が正しいものかを確認していると言われています。

またこのタイミングでプロミスが加盟している信用情報機関に問い合せを行い、あなたの過去の支払い実績や現在の借金の金額などを確認していると言われます。

 

プロミスの一次審査に通過するためのポイント!

プロミスの一次審査に通過するための対策は「申告内容で嘘がないこと」が重要になります。

年収を変に高く申告したり、期限切れの運転免許証などを提出しなければ、特に問題なく一次審査に通過する事が多いです。

ただし、プロミスは総量規制のカードローンなので、すでにあなたが他社カードローンなどで年収の3分の1以上のキャッシングがあると、プロミスでは審査が通りにくくなるので注意してください。

もし借り過ぎていると自覚がある場合は、総量規制対象外の銀行カードローンなどがおすすめです。

その他、プロミス以外のカード類の支払いで滞納や延滞があると、この一次審査の段階で審査に落ちてしまいます。

そのため、プロミスに審査を申し込む前に、あなたが契約している他のカード類の支払いに滞納や延滞がないかをチェックしておくことがポイントです。

一次審査に通過するポイント!

  • 審査では嘘をつかない
  • 他社借入は年収の3分の1までにする
  • カード類の支払いで滞納がない

 

二次審査(本審査)では勤務先の確認や限度額の決定がある

申し込み内容に嘘がなく、現在の借金も年収の3分の1以下で、他社の支払い実績にも滞納や延滞がない状態であれば、プロミス側から本人確認の電話が掛かって来ます。

もし一次審査に落ちた場合は、多くの場合メールでの連絡になっているので、いつまでも審査結果が届かない場合は一度登録したメールアドレスをチェックするか、プロミスに電話を掛けて確認してみましょう。

それで、プロミスの二次審査では、一次審査で申告したあなたの勤務先への在籍確認や、具体的なキャッシング金額の決定などが行われます。

この勤務先への在籍確認ですが、プロミスの担当者があなたの勤務先に個人名で電話を掛けて確認するのが基本となっています。

※もしこの勤務先への電話確認が嫌な場合は、プロミスに審査を申し込んだあとに、あなたからプロミスに電話を掛けて在籍確認の方法を相談されてみて下さい。

ちなみに、在籍確認の電話についての話をプロミス側がしてきたら、キャッシングの審査通過も目の前です。

ここまでの手続きは早ければ1時間程度で完了するので、がんばりましょう!

 

プロミスの二次審査に通過するためのポイント!

プロミスの二次審査に通過するためのポイントとしては「勤務先への在籍確認が正しく出来るかどうか」が大切になります。

もしあなたが勤務先の情報で嘘の申告などをしていなければ、あとはあなたが申告した勤務先で本当に働いているかを確認できれば、それでキャッシング手続きは全て完了します。

ちなみに、もしあなたが自営業や個人事業を営んでいる場合は、勤務先への在籍確認ができなくなるので、収入証明書などの提出を求められるケースがあります。

ただし、プロミスは限度額が50万円までなら収入証明書が原則不要でキャッシングできるので、まずは一度プロミスのお試し診断から申し込んでみることをおすすめします。

プロミスの二次審査に通過するためのポイント!

  • 勤務先への在籍確認が取れるか?
  • 申告した勤務先に嘘はないか?
  • 限度額が50万円未満なら収入証明書なしでいける

 

二次審査に通過すれば自動契約機にてカードの発行が行われます!

今回はプロミスの一次審査と二次審査の違いについて解説を行いました。

基本的にプロミスの審査に落ちる人は一次審査で落ちることが多いので、審査落ちの原因を探す時は一次審査の内容をもとに原因を考えて行くと良いかと思います。

また、二次審査に通過した後は自動契約機にてカードの発行手続きを行うことができます。

自動契約機でプロミスカードを受取ったあとは、無人店舗の中にあるプロミスの専用ATMから、必要な金額だけキャッシングすることができます。

ちなみに、プロミスなら提携ATMの数もとても多いので、プロミスカードを受取ったあとの支払いや借入は提携先の銀行やコンビニATMからでも利用できます。

プロミスなら借りた日から最大30日間は無利息キャッシングができるので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめです。

ぜひ審査を申し込まれてみて下さいね!

このカテゴリーの記事一覧