銀行のカードローンや消費者金融にキャッシングの申し込みをすると必ず在籍確認というものが行われます。在籍確認とは申し込みをした時に申請した勤務先に在籍をしているかどうかの確認で業者側が電話でする形になります。銀行のカードローンの在籍確認だと銀行名を名乗る事になるので勤務先に電話がかかってきてもキャッシングを利用するという事は分かりませんが、消費者金融の場合だと社名を名乗って電話されてしまうと勤務先の人にキャッシングを利用するという事が分かってしまうのではないかと不安になってしまう人も多いようです。しかし消費者金融の場合は社名を名乗らず担当者の個人名を名乗って電話をかけるので勤務先の人にキャッシングを利用する事が分かってしまう事はありません。

在籍確認をする時は申請した勤務先の情報を参考にしながら行われます。そこで年収や勤続年数など虚偽の申請をしてしまうとすぐに分かってしまうので注意が必要です。虚偽の申請が分かってしまったらその時点で信用出来ないと判断されて審査が否決されてしまいます。そのため在籍確認をされても問題ないように正確に申請するようにしましょう。また在籍確認したら勤務先に在籍しているけど実は休職中だという場合は安定した収入がないと判断され審査が否決されてしまうので注意しましょう。

このカテゴリーの記事一覧