何らかの担保が必要になるローンであればまた話は別ですが、無担保ローンは「本人の信用」について審査を行い貸付の有無を決めます。

具体的には「経済状況」と「信用情報」の2つです。

収入や資産、職業などが安定していて借り入れをしても問題なく完済できるかという経済状況は説明しなくてもわかるかとおもいます。

ポイントとしては経済状況は収入だけではなく安定性を重要要しされるので、月収が多い仕事でも安定していないとかなり審査に不利になりやすいということです。

もう一つの信用情報というのはあまり一般には聞き馴染みがありません。

信用情報とは過去の金融履歴の事でどのような融資を受けたかやその返済状況などを記録したものです。

保存される融資は住宅ローンから奨学金まで様々で、それらについて滞納や遅延、債務整理や自己破産などの記録が記載されています。

そこに記載された情報から、問題なく返済をするかどうかを確認するのです。

問題となるのは借入額や回数ではなく、遅延や滞納などなく完済しているかどうかということであり自己破産などをしているとかなり不利になります。

また全く何も書いていないと「過去に問題を起こしたのではないか」と判断されてしまうことがあります。

このカテゴリーの記事一覧